中高生の74%がiPhoneを所有している異常な国、日本

大人の私でさえ未だにiPhoneを持った事がないのに今の中高生は74%もみんながiPhoneを使っているのですね。中でも女子は80%以上をiPhoneらしい現実です、ごめんなさい、最初に謝っておきます「親御さん、正気ですか?」と言いたいです。

高級機種を小中高生が当たり前に持つ

子どもが小学生の時に同級生の子が2人揃ってSONY Experia Z5を新品で買ってもらって使っている事を聞きました。iPhoneといい勝負ですがこちらも10万円くらいはします。iPhoneだって4年~5年前くらいはギリギリ10万円前後でしたが今は12万円前後はしています。そういう高級機種を子どもが当たり前に使っているのは不思議な感じがします。

iPhoneを一番使っているのは日本人

中国人の富裕層はともかく、iPhoneは高級なスマートフォンで外国では大人だってそんなに誰でも使っているわけではありません。それでも、親が使ってニューモデルが出るからお下がりを子どもに使わすのであればまだ良いです。

でも、いきなり新品で10万円以上するiPhoneを与えるのはやっぱり考え物だと思います。家は家族揃って、Zenfone使っていたので端末の値段なんて2万~高くても3万円くらいです。そして子どもには小学6年生から高校1年生までおよそ5年同じものを使わせました。

つい先日、HUAWEIのP20LiteというiPhoneに良く似たスマホを条件付きで買ってあげました。(夏休みに毎日国語の教科書を指定ページ分を3回以上読む鍛錬を課しました)これだって、やりたくない勉強を毎日する対価として与えたのでただ買ってあげた分けではありません。

子どもがiPhoneを欲しがる理由

これは大人からはあんまりピンとこないのですが、ケースとかアクセサリーを探す時に何処でもあるから、というのが多い様です。極端な話、コンビニでも100均でも、ドラッグストアーでも何処でもiPhone関連のグッズなら買えるし、選ぶにしても選択子がもの凄い量あるかららしいです。

スマホ単体の魅力よりも、アクセササリー調達の手軽さや、みんな使っているからみたいな変な安心感からiPhoneを欲しがる女子が多い様です。

子どもがスマホを持つとろくな事にならない

実感してます。依存症なのを自分自身で分かっていなかったりします。

youtube動画やアニメ見て、インストしているゲームを何個かやって、LINEで友達と話して、Twitterでフォロアーアカウントのツイートをチェックして、大好きなデジ画書いて、そんなかんだで1日が直ぐに終わる生活をしていたりする家の子どもです。

なので、親として子どもと同じ様にスマホに支配されるわけにはいかないので我が家では父も母も子どもの前で触るスマホは最低限の時間だけです。1回の操作でせいぜい長くてもⅠ分といったところです。

まとめ

中高生の74%がiPhoneの本当の意味は、中高生の子どもを持つ家の74%は親もiPhoneって事なのでしょう。中には違う場合もあるでしょうが、普通、子どもに10万円前後のiPhone持たせて、両親は3万円前後のアンドロイド機を使っている家庭は希でしょう。

親がiPhoneだから家族揃って子どももiPhoneって家庭が多いのでしょう。

3人家族でニューモデルが出ると30万円以上の出費って事です。お金持ちが多いのですね、、、。

少し個人的な偏見もありますが、小中高生のうちから10万円以上もするiPhoneを当たり前に使っていると身の丈にあった価値観が育たないと思います。親がiPhoneでも子どもは3万円前後のSIMフリーアンドロイド機でも十分過ぎると思います。

「iPhoneが欲しければ自分で働いて買いなさい!」、家は子どもにそう言っていますよ。