「このサイトへの接続は完全には保護されていません」の原因特定
SSL
Published: 2018-09-12

今まで普通にSSLで運営していたので数日前から「このサイトへの接続は完全には保護されていません」とGoogle Chromeのアドレスバー左に表示される様になった。letsencrypt.orgの証明書の3ヶ月更新を行った直後の出来事です。

状態を見るからに、SSLの証明書はきちんと認識している様なのでサイトの構造に何か問題がある様です。

チェック項目

  1. 最初に疑ったのはワードプレスのテーマです。異なるテーマに変更してみました。これで正常になれば犯人はテーマです。
  2. 公開記事を全て下書きに変更してみた。これで正常になれば犯人は記事内の画像やスクリプトです。

どちらも今回は対象外でした。

2サイトのSSL接続されなかった原因

  1. ホームページヘッダ画像へのURLがhttpsでなくhttpからのURLで記載していた
  2. サイドバーの楽天アフィリエイトタグにhttpから始まるurlが含まれていた

原因はこの2つでした。

ただ、この2つは昔(数ヶ月前)からそう設置していたのですが、少なくとも数ヶ月は問題なかったのですね。

なので確証はありませんが、予想しますと「このサイトへの接続は完全には保護されていません」のメッセージが表示される(再認識される)タイミングはSSL証明書の更新のタイミングなのかも知れないと思っております。