UrlFetchApp.fetch時のオプション値一覧
GAS
Published: 2018-05-31

GASでURLなどにアクセスして情報取得する際などに良く利用するUrlFetchApp.fetchを使うオプション値を貼り付けておきます。

パラメーター

タイプ説明
urlStringフェッチするURL
paramsObject以下に定義されている高度なパラメータを指定するオプションのJavaScriptオブジェクト

高度なパラメータ

タイプ説明
contentTypeStringコンテンツタイプ(デフォルトは ‘application / x-www-form-urlencoded’)。コンテンツタイプの別の例は ‘application / xml; charset = utf-8 ‘となります。
headersObject要求のHTTPヘッダーのJavaScriptキー/値マップ
methodStringHTTPリクエストのための方法:getdelete、 patchpost、またはput。デフォルトはgetです。
payloadStringリクエストのペイロード(POST本体など)。特定のHTTPメソッド(GETなど)はペイロードを受け入れません。文字列、バイト配列、またはJavaScriptオブジェクトにすることができます。JavaScriptオブジェクトは、フォームフィールド名から値へのマップとして解釈されます。値は、文字列またはブロブのいずれかです。
useIntranetBoolean推奨されていません。これは、(推奨されない)SDCを介してドメインにリンクされたイントラネット内の指定されたURLを解決するためにフェッチを指示します
validateHttpsCertificatesBooleanこれをfalseに設定すると、フェッチはHTTPS要求の無効な証明書をすべて無視します。デフォルトはtrueです。
followRedirectsBooleanこれがfalseに設定されている場合、フェッチはHTTPリダイレクトに自動的に従わない。元のHTTP応答を返します。デフォルトはtrueです。
muteHttpExceptionsBooleanこれに設定されている場合true、応答コードが失敗を示す場合に例外をスローされませんフェッチし、代わりに返されます <a href="https://developers.google.com/apps-script/reference/url-fetch/http-response.html">HTTPResponse</a>(デフォルト:false
escapingBooleanこれがに設定されている場合はfalse、URL内の予約文字(デフォルト:エスケープされませんtrue
もし、参考になったならTwitterシェアお願いしますもし、参考になったならTwitterシェアお願いします

関連記事