今クールのドラマはなかなか面白いものが多かった様に感じます。中でも「チアダン」と「グッドドクター」は別格だったのですが、グッドドクターの最終回だけは何か中身が薄かった気がします。久しぶりに村川 絵梨さんを見れたのは嬉しかったですが、(ゴッドハント輝やルーキーズを思い出します)本筋のストーリーは何かあまり進展もなく、放送時間を拡大した割にあまり中身の充実が見れなかった気がします。

そうはいってもつまらなかったわけではなく、それ以前の回に比べると最終回が劣っているというだけで全体を通すととても面白く良いドラマだったと思います。ただ、役者さんでなく、脚本なのかな?最終回だけは惜しい感じが否めないです。

山崎賢人さんは本当に新境地って感じで役者さんとしての幅がぐっと広がったんじゃないかな。

藤木直人さんは最近は主役に敵対するワルモノ役が多かったですが今回はとても良い上司役で好感度アップですね。

上野樹里さんは良い意味でいつもの上野樹里さんで安定感があって良かったです。

チアダンは安定のお約束の王道であるべき結果で「そうだよね、それが普通だよ」って感じで最後まで楽しませてもらいました。

でも、土屋太鳳さんの足、いきなりそんなに簡単に全快するんかい?って少し無理があるような気もしますが、まぁそこはご愛敬ですかね。

どちらのドラマもとにかく中身が濃くてとても楽しませて頂きました。ありがとう!